大切な人と過ごす、かけがえのない伊香保時間
水は人にとっての命そのもの。そのような大切な水は伊香保にとってとてもゆかりのあるものです。伊香保の湧水
スポットでは神様の力が宿る水として人気となっています。伊香保に点在する伊香保の水スポットをご紹介します。
自然と一体になった榛名神社
樹齢500年とも言われる大杉の根本から湧き出ている湧水は、日量3万トンもあり、榛名湖の水が湧出するものと伝えられています。これにまつわる伝説として、湖より流れ着いたという、木部の位牌が今も不動尊のなかに納められています。
温泉と子宝の神・伊香保神社
「五徳山」は水の五つの徳を讃えた山号です。本堂(観音堂)、県指定重要文化財の六角二重塔(開運六地蔵)、鐘楼堂、釈迦堂があり、釈迦堂内には釈迦三尊像や県指定重要文化財の円空仏(阿弥陀如来座像)などが安置されています。

鳥居右横の看板の通り、霊験あらかたなる当山の霊泉は広く人々に知られており、毎日たくさんの方が、お水取りに訪れます。弁才天は、金運や努力にご利益があるとされ、ひそかに人気のスポットとなっています。

温泉と子宝の神・伊香保神社

水琴窟の音色を楽しむには竹筒に耳を当てて聞きますが、赤石の敷いてある海の部分に柄杓で水を撒きます。撒く位置によってハーモニーの奏でかたが変わります。そして一秒間に落ちる水滴の数が今までの水琴窟の倍以上に設計しましたので、クラシック音楽のバッハみたいに早いテンポでハーモニーをかなでます。また竹筒が二本ありますが、長いほうが高音で短い方が低音の設定にしましたので聞き比べて下さい。

水琴窟の隣で御神水がいただけます。その場で飲んでも、ペットボトルに入れて持ちかえることもできます。神聖な自然の恵みをお楽しみください。
温泉と子宝の神・伊香保神社
伊香保温泉は、明治初期に「日本の温泉医学の父」といわれるベルツ博士から国内で初めて、医学的温泉療法の指導を受けた名湯です。伊香保温泉の泉質は弱酸性、低張性温泉で飲用すれば痛風、慢性アレルギー性疾患、肥満症などに効能があります。伊香保温泉飲泉所は、伊香保神社から伊香保露天風呂に向かう途中にあり、だれでも気軽に温泉が飲用できます。
飲泉時の注意
・鉄分を多く含んでいるので食後に飲泉して下さい。
・飲泉の直後にお茶やコーヒーなどを飲まないでください。
1日に飲める分量

大人(16歳以上)600ml以下、小人(8歳~15歳)300ml以下、
(5歳~7歳)200ml以下、(3歳~4歳)100ml以下、(2歳以下)60ml以下