台風19号の影響による公共交通機関の運休・通行止め状況(10/16現在)

台風19号の通過に伴い、一部公共交通機関に影響がでております。ご利用の際は各社HPにて最新の状況をご確認ください。
また、群馬県内では降り始めからの総降水量が400ミリを超えている所があるため、地盤の緩んでいる所や、水位の高い河川があります。引き続き、土砂災害、河川の増水・氾濫に警戒をお願いいたします。

令和元年10月16日(水)9:15現在

【吾妻線】
・中之条~長野原草津口駅間は明日16日(水)の始発から運転再開となります。
・これにあわせて同日より特急「草津」は全列車運転します。
・長野原草津口~大前駅間の運転再開には相当期間要する見込みです。
 *バスによる代行輸送については、道路状況を確認のうえ実施します。

【両毛線】
・足利~岩船駅間は20日(日)の運転再開を予定しています。
・岩船~栃木駅間は河川の堤防工事終了後、1ヵ月程度での運転再開を予定しています。
・栃木~小山駅間は16日(水)始発から2時間に1~2本程度の間隔で運転再開します。
*バスによる代行輸送は道路状況を確認のうえ実施します。

【北陸新幹線】
・長野~飯山間の路線が冠水した影響で長野~
上越妙高間で運転を見合わせています。
・現在、東京~長野間と上越妙高~金沢間で「特別ダイヤ」による折り返し運転をしています。
・冠水していたエリアの浸水が解消されたことから、本日より線路点検を開始しており信号関係の装置に甚大な影響が確認され、装置の復旧には概ね1~2週間程度を要する見込です。
・これらの復旧ができ次第、長野~上越妙高間は運転を再開します。
・なお、全区間の運転再開後も長野新幹線車両センターにて新幹線車両が浸水したことにより使用可能な車両が通常の3分の2程度となるため、北陸新幹線全線の運転再開後の運転本数はこれまでの5~6割程度となる見込みです。

【中央本線】
・高尾~相模湖間、四方津~梁川間で土砂流入や線路脇のコンクリート壁崩落が発生しているため高尾~大月間で列車の運転ができない状況で、鋭意復旧作業を進めています。
・相模湖~大月間の運転再開は10月18日を見込んでいます。
・残る高尾~相模湖間も同日の運転再開を見込んでおりますが、仮復旧のため下り線のみを使用した単線運転を行い、当面の間1時間に1本程度のシャトル運転(高尾~相模湖間の往復運転)となる予定です。
・中央本線の高尾~大月間の全面運転再開のための復旧作業は10月末まで要する見込であり、この期間は中央本線の特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」「はちおうじ」「おうめ」は全列車運休となります。

【上信越道】
・松井田妙義IC~佐久ICまでの上下線は台風の影響により通行止めとなっています。
【中央道】
・下り線の八王子JCT~大月JCT間、上り線は大月IC~八王子JCT間がそれぞれ通行止めとなっています。

 

・渋川市内では台風の影響による通行止め等の規制はありません。
・路線バス(市町村委託路線含む)も通常通り営業を再開しております。