五徳山 水澤観世音 節分会追儺式(2/3)

節分とは各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで、江戸時代以降は立春(毎年2月4日頃)の前日になりました。 節分の行事としては元々宮中での年中行事として行われていました。 鬼を払う行事になったのは平安時代頃から、追難式(矢で鬼を払う風習)として始まりました。 季節の変わり目には鬼が生じると考えられ、その鬼を追い払うための行事です。 豆は魔滅に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い1年の無病息災を願う意味合いがあります。


【令和2年節分大護摩予定表】
期  日:令和2年2月3日(月)
開始時間:9:50/10:50/11:50/12:50/14:00/15:00
*護摩の後に年男による豆まき(4回)
*福引 10:00~15:00頃
(景品が無くなり次第終了)
*うどん券は山門にてお配りします。
(10:30/11:30/12:30)