観光客の皆様へのメッセージ(令和2年4月28日)

特措法に基づく初の緊急事態宣言の発令から三週間、まだまだ新型コロナウイルスの感染は拡大し続け、全国で猛威を振るっています。

群馬県にも、4月16日、緊急事態宣言が出され、外出自粛の影響で伊香保温泉を訪れてくれる人もめっきり少なくなりました。

本来であれば、今年は4月から群馬デスティネーションキャンペーンが行われ、首都圏から、全国から、世界中から、
沢山のお客様をお迎えするはずでした。昨年から、様々な準備をしてきただけに、残念な気持ちでいっぱいです。

うっすらと雪が残る山並み、桜やツツジの花々、モミジやケヤキの美しい芽吹き、
一年で一番輝かしいこの季節を多くの皆様にご覧いただけないことは、大変辛い気持ちです。
改めて、平穏な日常の大切さ、多くの皆様をお迎えできることの有り難さを痛感する日々です。

しかし、今は、このウイルスと戦うことが、何より大切です。
一人ひとりが自分やかけがえのない人たちの命を守るため、密集を避け、外出を自粛し、人との接触をできる限り避け、
一日も早い収束に向けた行動を続けることが必要です。

このため、私たちは、

『この大型連休は、伊香保温泉へお出でにならないでください』

と強くお願いをしたいと思います。

そして同時に、外出自粛や行動の制限がなくなったら、

『ぜひ真っ先に伊香保温泉にお越しください』とお伝えしたいと思います。

皆様をお迎えできないこと、おもてなしできないことは本当に残念で辛いことですが、
伊香保温泉は輝きを失うことなく、この間にも魅力を更に磨き、再び皆様が笑顔で訪れてくださる日を待ち続けています。
近い未来にその日が来ることを信じて、皆で我慢をし、この国難を乗り切っていきましょう。

 『 We are looking forward to seeing you again! 』

 『 我期待着再次见到你 』

 令和2年4月28日

                                   渋  川  市     市 長 髙木 勉

                                   渋川伊香保温泉観光協会 会 長 大森 隆博

                                   伊香保温泉旅館協同組合 理事長 高橋 秀樹