芸術の散歩道アルテナード

アルテナードは日本シャンソン館から徳冨蘆花記念文学館までの9㎞を結ぶ県道の愛称で、平成11年に沿線上に点在する観光施設を一つの線で結び誕生しました。
アルテはイタリア語で「芸術」、ナードは英語のプロムナード(散歩道)から「ナード」をとり組み合わせた造語で、日本語では「芸術の散歩道」という意味で、公募により決定しました。