大切な人と過ごす、かけがえのない伊香保時間
湯治場として有名な伊香保では、病の治療や健康増進などを目的とした多くの人達が訪れています。それは
いつまでも変わらない癒しの温泉です。どうぞのんびりとお楽しみください。
黄金の湯
泉質
硫酸塩泉…もともとは無色透明ですが、鉄分が含まれるため空気に触れると茶褐色になります。
泉質
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、動脈硬化症、慢性皮膚病、虚弱体質、高血圧
白銀の湯
泉質
メタけい酸単純泉…含有成分が微量なので無色透明無味無臭で、高齢者や病後の方に向いています。
泉質
病後回復期、疲労回復、健康増進
浴用の禁忌症
急性疾患(特に熱のある場合)・活動性の結核・悪性の腫瘍・重い心臓病・呼吸不全・腎不全・出血性疾患・高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
子宝の湯
江戸時代に伊香保は「子宝の湯」として知られるようになりました。当時の資料によると、なんと子宮洗い器をつかって不妊治療をしていたようで、圧倒的に婦人客が多かったようです。